GMOクリック証券
Home » 記事一覧

Posts Tagged ‘動向予測’

ドラギ総裁が今後の金融緩和策を示唆するかに注目

本日は、欧州中央銀行(ECB)の政策判断後に予定されているドラギ総裁の記者会見までは、ユーロは現在の水準(1.3515ドル)近辺で小さな動きにとどまると見られています。 ECBが利下げする公算は小さいものの、投資家はドラ […]

オーストラリア・イベントで豪ドルの動意に注視

本日は中国経済指標、オーストラリア・イベントで豪ドルの動意に注視。 休場明けとなる東京市場は、中国10月HSBCサービス業PMI、豪準備銀行(RBA)理事会における金融政策発表などの経済指標や重要イベントが予定されており […]

ノボトニー理事の発言

昨日の外国為替市場では米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を控え、ドルが主要通貨に対して続伸。 米連邦準備制度理事会(FRB)が量的緩和策の変更を発表する可能性があるため、投資家は総じて様子見に徹する展開となりまし […]

米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて

昨日は、本日から開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて、ポジション調整的なドル買いが先行しましたが、アメリカ金融当局による量的緩和の縮小が年明け以降になるとの観測が広がるなかで、後半はドルが売り直され、主要通 […]

ドル円は97円半ばを軸としたレンジ

明日から開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)では金利動向に関する当局者の見通し公表やFRB議長の会見は実施されず、月額850億ドルの債券購入額も据え置かれる見通しです。 ただ、アメリカ政府機関閉鎖に伴う景気への影響 […]

97円00銭で買い

モルガン・スタンレーでは、ドル円は引き続き200日移動平均の97円30銭前後で下値が抑えられる見通し。 下落局面が押し目買いの好機になるとみていて、96円00銭に逆指し値を置いた上で、103円00銭を上値目標に97円00 […]

断続的な売りオーダー

昨日97.15円まで下落して以降、戻りの鈍い展開が続いていますが、97.60~97.80円に断続的な売りオーダーが控えていて上値を抑えられるポイントになります。 下値は、97.00~97.10円に厚めの買いが観測されてい […]

9月雇用統計の結果を受けドル売りが優勢

昨夜のニューヨークタイムではアメリカ・9月雇用統計の結果を受け、ドル売りが優勢となりました。 米9月雇用統計では失業率が7.2%、非農業部門雇用者数(NFP)は+14.8万人で市場予想の+18.0万人を大きく下回る結果に […]

イベント前で様子見ムード

昨日のニューヨークタイムはもみ合い相場が続きました。 アメリカ政府債務上限引き上げ法案が可決してデフォルトが回避されたことや、米長期債利回りの上昇にも後押しされてドルは買い戻しが先行。 しかし、市場の関心が米政府機関閉鎖 […]

週末モードで様子見ムード

昨日のNYタイムは、アメリカ財政協議合意を通過した出尽くし感や、景気支援のための金融緩和が当面続くとの見方に焦点が移行し、ドル売りが強まりました。 米長期債利回りは一時2.579%まで低下。 フィラデルフィア連銀製造業指 […]

アメリカ財政協議の進展

昨日はアメリカ財政協議の進展によりドル買いやリスク選好の円売りが優勢の展開。 米10月NAHB住宅市場指数が市場予想や前月を下回ったことは特に材料視されませんでした。 財政協議については、ベイナー米下院議長が「下院は全力 […]

フィッチがアメリカのAAA格付けを引き下げる可能性

昨日のニューヨークタイムはドルが下落。 アメリカ共和党員の一部が本日下院から提示された付帯条項付きの暫定予算・債務上限引き上げ法案を補強することを望んでいると伝えられ、協議がまた一歩後退するとの懸念が高まりドル売りが優勢 […]

ドル円は98円半ばを中心としたレンジ状態

本日の東京タイム、ドル円は98円半ばを中心としたレンジ状態が継続すると想定。 アメリカ予算案・債務上限引き上げ問題をめぐって昨日予定されていたオバマ大統領や両党指導部の協議は急遽延期、大きな進展は見られていません。 債務 […]

イエレン氏のFRB議長指名

主要通貨はイエレン氏のFRB議長指名の報道を受けて対ドルで堅調に推移。 ハト派寄りとされる現FRB副議長のイエレン氏がFRB議長に指名されれば、現在の金融緩和政策が継続されるとの思惑から、ドル売りがやや優勢となりました。 […]

債務上限引き上げをめぐり対立が継続

アメリカ議会で債務上限引き上げをめぐり対立が続いているため、ドル円はレンジ状態で推移。 議会での交渉が解決に向かえばドルは簡単に1円以上の上昇となると思われますが、解決しなければじり安展開になるとみられます。 &nbsp […]

オバマ大統領がアジア訪問を取り止め

先週の為替市場でドル円は、17年ぶりのアメリカ政府機関の一部閉鎖や政府財政上限引き上げ問題の協議が難航していることが嫌気されて上値の重い展開が続九結果となりました。 オバマ大統領がアジア訪問を取り止めて問題の解決に取り組 […]

アメリカ政府機関の閉鎖

昨日の為替市場では、円買いが先行した流れでしたがドル円やクロス円は下げ幅を解消してニューヨークタイムを終了。 アメリカ予算協議が引き続き難航、米政府機関の閉鎖が現実味を増したことによって週明けの為替市場では、ドル円やクロ […]

心理的に不安定な相場

アメリカ予算協議の難航によるリスク回避の動きで週明けの為替市場のオープンからドルが売られる展開に。 アメリカの政府機関が10月1日に一部閉鎖する可能性が高まり投資家が一段と神経質になっているため、アジア市場では円高・ドル […]

期末で為替の新規取引が手控え気味

昨日のニューヨークタイムはドル高寄りに推移。 アメリカ新規失業保険申請件数の好結果が材料となりましたが、金融当局が注目するインフレ指標の個人消費支出(PCE)デフレーターが前期比年率-0.1%と企業の値上げ余地が小さいこ […]

期末要因によるポジション調整

昨日の外国為替市場は、ユーロがドルに対し下落。 欧州中央銀行(ECB)が長期資金供給オペ(LTRO)の再開を検討している可能性があることを示唆したのが影響しました。 ノボトニーECB理事はウィーンでの講演でLTROの再開 […]





1 / 1512345...10...最後 »
« Older Entries


高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share