Home » 記事一覧

Posts Tagged ‘ファンダメンタル’

期末要因によるポジション調整

昨日の外国為替市場は、ユーロがドルに対し下落。 欧州中央銀行(ECB)が長期資金供給オペ(LTRO)の再開を検討している可能性があることを示唆したのが影響しました。 ノボトニーECB理事はウィーンでの講演でLTROの再開 […]

3連休明けの東京市場では穏やかに円高の流れが継続

昨日の為替市場は円高方向への動き。 アメリカ債務上限引き上げ問題に対する警戒感も高まり、アメリカ量的緩和(QE)の縮小時期が見通せないことも不透明感を強めていて、株価の下げが円高圧力につながりました。 ドラギ欧州中央銀行 […]

アメリカ経済指標を材料にドルの買い戻しが優勢

昨日は、好調なアメリカ経済指標を材料にドルの買い戻しが優勢に。 アメリカ新規失業保険申請件数は30.9万件(予想 33.0万件)、8月中古住宅販売件数は548万件(予想 525万件)、9月フィラデルフィア連銀製造業指数は […]

現行の金融政策を維持

アメリカ連邦公開市場委員会(FOMC)は現行の金融政策を維持し、資産購入枠の据え置きを決定したため昨日のNYタイムでは、ドルが全面安の展開に。 今回のFOMCでの量的緩和(QE)縮小決定が大方の事前予想。 予想外のQE縮 […]

量的緩和(QE)縮小の開始が決定されるか

アメリカ連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を控えて様子見ムード。 今回のFOMCは、量的緩和(QE)縮小の開始が決定されるか、QE縮小幅はどの程度になるか、フォワードガイダンスの変更は行われるかなど、注目度は高く、 […]

サマーズ氏の指名辞退

昨日の外国為替市場ではドルが全面安の展開に。 タカ派的金融政策の推進者・ローレンス・サマーズ元米財務長官が米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長候補から撤退を表明したことがきっかけとなりました。 ドルはポンドに対して約 […]

連休前の迷い相場

昨日のNYタイムは米債金利の低下を受けてドル売りが優勢でしたが、その後発表されたアメリカ新規失業保険申請件数は市場予想の33.0万件を大きく下回る29.2万件となったため発表直後は一時ドル買いが先行する形に。 しかし、米 […]

為替相場は様子見ムード

昨日、シリア情勢に関してオバマ米大統領が国民向けのスピーチで述べた通り、アメリカ議会での軍事介入をめぐる採決は先送りされ、シリアも化学兵器の受け渡しの判断を保留している状態。 リスク回避ムードが高まるような展開が目先は見 […]

有事のドル買い

昨日は欧州タイムからドル売り。 シリア関連は、科学兵器を国際管理下に置くようロシアが要請して、シリアも提案を歓迎とのニュースも伝わりました。 しかしアメリカ議会では軍事介入に関する決議案が審議されていて不透明感は払拭しき […]

東京オリンピック開催決定を材料に

東京オリンピック開催決定を材料に日本株の上昇を期待する向きもあって円安方向へ動いています。 ただオリンピックはまだ先の話です。 消費税の問題、原発の問題、経済の問題・・・・課題は山積み。 そして、シリア情勢に対する注意も […]

アメリカの雇用統計発表イベント待ち

ADP雇用者数が市場予想をやや下回る増加。 新規失業保険申請件数やISM非製造業景況指数は強く、大証やシカゴの日経平均先物の底堅い基調が円売りを支える形となりました。 100円の大台上抜けについては昨日達成。 本日はアメ […]

ポンド&G20首脳会議&ユーロ

明日までG20首脳会議が行われます。 ドル円は100円を試そうかという形になっていますが、勢いがない状態だと叩かれるポイントでもあります。 本日はイベントが盛りだくたんですので、時間ごとにポイントとなる通貨を監視しトレー […]

カナダ・BOC・政策金利発表

アメリカの経済指標が予想を上回り、連邦準備制度理事会(FRB)が早ければ9月にも債券買い入れ縮小を開始できるほど景気は強いことが示唆されたためドルが買われています。 本日は、ドル円が100円を超えるかどうか、ユーロドルは […]

ドル円は上値を試す展開

ドル円は上値を試す展開が続いています。 100円がポイントになると思われますが、まずはどこで戻されるのかを見極めたいところです。 株価の動向、シリア情勢に対するアメリカの動きに注意しながらトレードしましょう。 &nbsp […]

オーストラリアドルに注目

本日はアメリカとカナダが休場となります。 先週末の為替相場は、ロンドンフィキシングにかけてドル買い・円買いが強まりました。 アメリカの連休を控え、週末・月末要因の持ち高調整のドル買いフロー、シリア情勢への警戒感による流れ […]

シリア情勢の影響

昨日のNY市場では円買いが一段と強まりました。 シリア情勢の緊迫化によって地政学的リスクを背景とした米株の大幅下落を受け、ドル円は96.99円まで下落しました。 シリア情勢の対応次第では米国に対するテロ攻撃のリスクも増す […]

8/27の経済指標・発表予定

8/27の経済指標・発表予定 17:00 ドイツ 8月IFO企業景況感指数 19:50 アメリカ ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演 20:00 ユーロ圏 クーレECB専務理事講演 22:00 アメリカ 6月S& […]

上昇気味のドル円相場の展開

まだまだ、はっきりとしない展開が続きそうです。 先週の要人発言から何かくみ取れるかもしれませんので紹介しておきます。   黒田日銀総裁 「量的緩和で金融市場や企業金融が好転」 「株価上昇、長期金利は一時上昇も足 […]

週末要因と五十日要因

昨日はFOMC議事録公表後からの円売りの流れを維持し99円手前まで上昇しました。 本日は、週末要因と五十日要因でこのまま高値を超えてくるかどうか、100円の大台に対してどう動いてくるのかに注目です。 経済指標発表は重要な […]

8/21の経済指標・発表予定

本日はFOMC議事録公表に注目しつつ、主要な株式市場の動向や米国の長期金利の動向、米国の量的緩和早期縮小への思惑、金融市場のリスク許容度などにも注意しながらトレードしましょう。 明日から『ジャクソンホール経済シンポジウム […]





2 / 1412345...10...最後 »
« Older Entries Newer Entries »


高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share