Home » 取引時間について

取引時間について


バイナリーオプション、FXで取引できる時間帯について記します。

 

取引が可能な時間帯

バイナリーオプション、FX取引業者によって多少は異なりますが、日本時間で月曜日の朝7:00~土曜日の朝7:00まで(米国が夏時間の時は朝6:00)という条件が多いようです。

その間は、24時間好きな時に取引ができます。

日本が深夜でも、米国は真昼間なので、市場は活発に動いています。

時差に沿って次々と他の国・地域へと移っていく外国為替は国際取引ですので、為替市場は24時間どこかで取引をしていることになります。

 

為替が最も動く時間帯

外国為替マーケットは24時間動いていますが、値動きが活発な時間帯と、そうでない時間帯があります。

為替取引は日本国内だけではなく、世界中で行われているので、世界に目を向けて値動きを分析する必要があります。

世界3大市場といわれているのは、取引量の多い順に、ロンドン市場・ニューヨーク市場・東京市場。

それぞれ時差があるので、この3大市場が全て開いている時間帯はないのですが、「ロンドン市場と東京市場」「ロンドン市場とニューヨーク市場」でそれぞれ重なる時間帯があります。

ロンドン市場と東京市場の重なっている時間帯は、日本時間でいうと夕方にあたり、この時間帯は日本以外にも香港やシンガポールの市場もまだ残っているので取引は盛んに行われます。

次に、ロンドン市場とニューヨーク市場の重なっている時間帯ですが、この時間帯は1日の中で最も活発に取引が行われる時間帯です。

日本時間でいうと、午後9時~午前2時にあたります。

取引量が多いので値動きも激しく、デイトレーダーに最も好まれている時間帯です。

この時間帯は、米国の経済指標の発表がされることも多く、為替を動かす要因のひとつになります。

また、日本時間の午前から昼過ぎまではあまり値動きがない傾向ですので、取引の目安にしていきたいところです。

 

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH







高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share