DMM.com証券

Home » FX取引とバイナリーオプションとの違い

FX取引とバイナリーオプションとの違い


まずFXについて知っておきましょう。

FXとは外国の通貨を買売して利益を出す取引のことです。

異なる2国間の通貨を取引して、為替レートの差額が儲けになる仕組みがFXです。

各通貨の値動きを売買して稼ぎますので、現在のような値動きが激しいときはチャンスと言えます。

FXは「Margin Foreign Exchange Trading」の略であり、外国為替証拠金取引を意味します。

証券会社に証拠金を預けて、それ以上の大きな金額の外国為替を取引できます。

 

バイナリーオプション取引との違いは?

●「HIGH」か「LOW」を選ぶ2者択一の取引内容

FXであれば「どのくらいまでレートが上がり下がりするか?」を予測して、 「買い」や「売り」のポジションを持つ必要がありますが、バイナリオプションは未来相場が「今よりも上がるか下がるか」だけになります。
FXのように何円や何pips動くかを予想する必要が一切ありません。

●決済期限があらかじめ決まっている

FXだとすぐに決済するつもりが、いつの間にかだらだらと 長期間続けて、結局、利益確定のチャンスを逃して逆に 損失が膨らんでしまうケースがあります。
バイナリーオプションなら 決済日時があらかじめ決まっているので、決済のタイミングで悩むことはありません。

● その日のうちに決済される

FXをしていると気になって仕事や家事が手につかなくなったり、 夜中に悩んで眠れなくなることもあります。その点、BOなら その日のうちに勝負が決まりますので、仕事や家事に悪い 影響を及ぼすことはありません。

●損することはあっても、想定以上に大損することがない

FXだと相場急変により想像以上に損失(含み損)が膨らむ リスクもあります。その点、BOだとあらかじめ最大損失額が 決まっていて、相場がそれ以上どんなに急変しようとも、 最大損失額をオーバーすることがありません。

 

バイナリーオプションは1回の取引で だいたい最低50円~最大5万円までを投資資金として使うことができます。
それ以上の金額を投資することは出来ませんので、 10万単位、100万単位の資金を一気に溶かすといった危険性がありませんので、安心して取引を行うことができます。

FXや日経225のデリバティブオプションなどでは、突然の暴落などで、資金の大半を飛ばす、追い証拠金が発生する場合などがありますが、バイナリーオプションでは、最初に決めた取引資金(投資金)のみで取引しますので、損失を出した場合でも、投資金以上の金額が必要になることはありません。

また、バイナリーオプションではFXのようなスプレットやスリッページがありません。
ですので、ショック相場でよくあるような約定ができないといったこともなく、 取引自体に手数料などがかかる事がありませんので、 常にフェアな取引が可能です。

 

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH







高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share