FX攻略ブログ 『GET MONEY』

Home » 記事一覧

FX攻略ブログ GET MONEY

今週中にも下院で合意案が協議

米上下両院の予算委員長による会見が実施され2年間の財政合意と財政赤字の230億ドル削減や、来年1月の政府機関閉鎖が回避される見通しであることが伝わっています。 今週中にも下院で合意案が協議される予定ですが、一部の議員から […]

ユーロは1.3747ドルまで上昇

週明けの外国為替市場は、ユーロがドルに対して続伸し6週間ぶりの高値をつけました。 欧州中央銀行(ECB)が追加緩和を急がない姿勢を示したことが材料となったようです。 ユーロは1.3747ドルまで上昇。   12 […]

今週の展開はどうなるのか

先週末は、米11月雇用統計や米12月ミシガン大学消費者信頼感指数の強い結果を受け、ドル円が103円手前まで上昇しました。 クロス円もユーロ円が141.05円まで上昇して高値を更新、ポンド円は一時168.26円まで上昇する […]

NYタイムはユーロ買いが優勢

昨夜のNYタイムはユーロ買いが優勢の展開。 ドラギECB総裁会見が始まった直後は低金利継続への言及によりユーロは売られました。 その後、記者会見が続くなかユーロの買い戻しが優勢となっていきました。 ドラギ総裁は必要に応じ […]

円買いが優勢となる展開に

昨日は、強い米11月ADP全国雇用者数が、週末の米雇用統計への期待感や米量的緩和(QE))の早期縮小観測につながり、米金利上昇を受けてドル買いが強まりました。 しかし、その後米株が早期QE縮小を懸念して下落幅を拡大。 為 […]

重要イベントを控え調整

  5日に欧州中央銀行(ECB)理事会、6日に米雇用統計などの重要イベントを控え調整の円買いが進みました。 心理的な面で雇用統計の結果次第で、米緩和の早期縮小観測が高まることへの警戒感が強かったようです。 連日 […]

ドル円が103円台へ

  昨日は米10年債利回りの上昇などを材料としてドル円が103円台を示現するなど円安基調を鮮明にしました。 本日はこの動きが引き続き継続するか注目です。 また、東京タイムでは昨日に続き中国・オーストラリアに関連 […]

ドル円は102円半ばでの小動き

12月になりました。 為替相場は狭いレンジでドル円は102円半ばでの小動きを続けています。 クロス円も方向感は乏しく、ユーロ円139円前半、ポンド円167円後半、豪ドル円93円半ばで推移。 本日はまず中国の指標発表後の動 […]

欧州通貨がドルに対して上伸

昨日の外国為替市場は米国が感謝祭の祝日で総じて薄商いとなる中、欧州通貨がドルに対して上伸しました。 ドイツとスペインの消費者物価指数(CPI)が上昇したことや、英中銀イングランド銀行が住宅ローン支援策の縮小を発表したこと […]

アメリカが感謝祭で株式・債券市場が休場

昨日は、ドル高・円安で推移しました。 米新規失業保険申請件数は申請数が再び低下基調に戻っていて、米11月シカゴ購買部協会景気指数や同ミシガン大学消費者信頼感指数など景況指数が軒並み良好な結果になったことが好感されました。 […]

本日も調整が続くのか

昨日の外国為替市場ではドルが大半の主要通貨に対して下落しました。 11月の米消費者信頼感指数が予想外に低下したことが手掛かりとなったと思われます。 全米産業審議会(コンファレンスボード)が発表した11月の消費者信頼感指数 […]

102円大台を目指す動き

昨日のドル円は約半年ぶりの高値となる101.92円まで上昇。 海外市場では、ECB当局者が追加緩和を示唆する発言でユーロ円の下落や、さえない米住宅関連指標によるドル売り圧力が強まったこともあってドル円の上昇は一服しました […]

ドル円は101円前半を中心に底堅い動きとなりそう

先週のドル円は、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で経済の改善により月額850億ドルで実施している債券購入の規模を「数カ月内」に縮小する可能性があるとの認識が示され、QE縮小時期の前倒しへの警戒感が再燃したことや、日 […]

ドル円101円台まで上昇

昨日はオセアニア通貨以外で円安が強まりました。 これといった円安材料は見当たりませんでしたが、東京タイムからの流れを引き継ぐ展開となりました。 昨日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の内容で、来年3月との見方が多か […]

QE縮小時期の前倒しへの警戒感

昨日のNYタイムはユーロ安からドル高への展開。 欧州中央銀行(ECB)の関係者からの発言「追加緩和が必要であるならマイナス0.1%の預金金利を検討」との内容が材料視されユーロは急落しました。 ユーロ売りが落ち着くと、今度 […]

雇用情勢に対する見解

米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が、資産買い入れ政策の解消を開始する時期について明確な手掛かりを示さなかった一方で、失業率が6.5%をつけた後もしばらく金利は低水準にとどまると断言したためにドルが下落。 議 […]

世界株高を背景とした投資家のリスク志向

アメリカ株が史上最高値更新の動きが継続していて、中国第18期中央委員会第3回全体会議の発表を受け中国株も大幅上昇するなど、世界株高を背景とした投資家のリスク志向が強まっていてドル円の底堅い動きは続きそうです。 ただ、米量 […]

プロとレーダーの取引をそのままコピーできるiフォロー機能

スマートオプションでは、新たな「iフォロー機能」が追加されました! iフォロー機能を利用して、トップトレーダーの仲間入り! このiフォロー機能。 スマートオプションのトップトレーダーの取引を、そっくりそのままマネできる! […]

ドル円は100円水準での攻防戦

先週のドル円は米金融緩和策の長期化観測が強まったことを背景に、約2カ月ぶりの100円台を回復。 アメリカ10月雇用統計など、強い米経済指標発表で米量的緩和(QE)縮小時期の前倒し観測が強まっていましたが、イエレン次期FR […]

ドル円は約2カ月ぶりに100円台を回復

昨日の為替市場は円安で推移しました。 ドル円は約2カ月ぶりに100円台を回復。 欧州中央銀行(ECB)が緩和スタンスを再度強めているのと、イエレン次期米連邦準備理事会(FRB)議長が金融刺激策を長期化させるとの観測を背景 […]







« Older Entries Newer Entries »


高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share