FX攻略ブログ 『GET MONEY』

Home » 記事一覧

FX攻略ブログ GET MONEY

緩和縮小ペースを加速する可能性

昨日の外国為替市場ではドルが主要通貨に対し上昇。 アメリカの堅調な景気回復を背景に連邦準備制度理事会(FRB)が来週の会合で緩和縮小ペースを加速する可能性があるとの見方が広がりました。 ウォール・ストリート・ジャーナルの […]

日銀金融施策決定会合が開催

昨日はアメリカ市場が休場だったこともあってドル円は104円前半での小動きが継続。 本日の東京タイムでも特に重要なイベントがないことで関連市場の動向を眺めながらの展開となります。 日銀金融施策決定会合が開催されますが、今会 […]

アメリカ休場での展開は?

先週末のNYタイムはアメリカ3連休を控えたドル高が優勢の展開となりました。 ユーロドルは1.3517ドルまで下落、ユーロ円も140.97円まで下げ幅を広げました。 ポンドドルは1.6400ドル手前、ポンド円は171円前半 […]

包括的歳出法案を可決

本日は週末という事もあり終始調整モードとなるのか? 株式市場の動向をしっかりと監視しながら方向性を見定めたいところです。 米上院が包括的歳出法案を可決したことや、中原元日銀審議委員が「ドル円は年末までに115円程度まで上 […]

日本経済は緩やかに回復

好調な米経済指標を背景にドル買いが優勢。 ドル円は104.70円まで上昇しました。 米長期金利の上昇や、金融機関の決算内容を好感したダウ平均の続伸による上向きのセンチメントも後押しとなりました。 ユーロドルは欧州市場から […]

円売り・ドル買いが優勢の展開

昨日のNYタイムは米12月小売売上高や同11月企業在庫の結果を好感したリスク選好の円売り・ドル買いが優勢の展開となりました。 ドル円はプロッサー米フィラデルフィア連銀総裁やフィッシャー米ダラス連銀総裁のQE早期縮小を期待 […]

FXの黄金律DVD

もし、あなたがFXで収入を得たいと考えているなら、 このホームページはあなたにとって重要です。 なぜなら、上記のような収入を実現したノウハウを これから詳しくお伝えするからです。 「胡散臭いな・・・」 「この手のサイトね […]

ドルの上昇トレンドは調整局面

10日発表の米雇用統計が引き続き重しとなる展開が予想されます。 アジア市場ではドルが102円40銭~103円40銭の値幅で弱含みに推移すると想定。 「ドルの上昇トレンドは調整局面にある」という前提で目先は101円~102 […]

米雇用統計のイベントがいよいよ今夜

昨日のドル円は米雇用統計前の様子見から終始104円後半を中心としたもみ合い。 ユーロは、欧州中央銀行(ECB)ドラギ総裁の「フォワードガイダンスの文言を強めた」「必要であれば行動する準備があることを強調」などの発言に売り […]

目先的に方向感が出にくい展開

昨日は、米12月ADP全国雇用者数、緩和縮小の進展の着実性を示したFOMC議事録を受けて105円台までドル買い・円売りが進みましたが、ロンドンタイム序盤の105.14円を上抜けませんでした。 今夜のイギリス・欧金融政策の […]

中国株への警戒

昨日のはドルが小幅高の展開に。 米12月貿易赤字が4年ぶりの低水準となって国内総生産(GDP)を押し上げるとの期待がドルを下支えしました。 ドル円は104.74円まで上昇。 本日は重要な経済指標の発表はありませんので株価 […]

10日の米雇用統計発表を控えて

ドルは、10日の米雇用統計発表を控えて、統計が弱い内容だった場合はさらに圧迫されると投資家が警戒しているため様子見の展開が続きそうです。 ウォール・ストリート・ジャーナルがエコノミストを対象に実施した調査によると、非農業 […]

週明け東京市場の為替相場

週明け東京市場の為替相場は、手掛かりが少ないこともあってやや方向感の見定めづらい展開。 ドル円は104.80円付近と3日の終値付近で上下しています。 ユーロ円が142円半ば、ポンド円が172円前後、豪ドル円が93円後半で […]

日銀の金融政策の発表待ち

為替は落ち着いた動きとなっていて、ドル円は104.20~30円のレンジ、ユーロ円は142.36円前後、ユーロドルは1.36ドル半ばでこう着気味です。 本日は日銀の金融政策の発表待ちとなっています。 政策変更はないと思われ […]

FRBは量的緩和縮小を発表

昨日の外国為替市場では米連邦準備制度理事会(FRB)の政策声明発表後、ドルが大きく動きました。 FRBは量的緩和縮小を発表しアメリカ経済の回復について引き続き警戒していることを示唆。 数カ月にわたって投資家の不安をあおっ […]

FOMC待ち

FOMC待ちでポジション調整中心の展開が続いていますが、FOMCの見通しとしては政策金利は据え置きが予想されていて国債・MBS購入額については約2割のエコノミストが縮小開始を想定しています。 焦点の一つがQE縮小が開始さ […]

様子見ムードが継続

しばらくレンジ状態が続きそうですので、各国の要人発言を以下にご紹介します。 ケニー・アイルランド首相 「穏健な財政方針を継続へ」 「2020年までに政府借り入れの削減が可能」   グリーンスパン前FRB議長 「 […]

本日は様子見ムードが強そう

先週末の為替市場は米量的緩和(QE)の縮小見通しからドル円は103.93円まで上昇し年初来高値を塗り替えましたが、週末ということもあり一方的な動きにはならず103円ちょうど付近へ反落しました。 ユーロ円も142.82円ま […]

今年の高値103.74円の上抜けは

昨夜のNYタイムはドル高で推移。 アメリカ11月小売売上高や10月企業在庫の好結果を受けてドル円は103.44円まで上昇。 米長期金利の上昇基調もサポート。 クロス円もユーロ円が142.25円、ポンド円が169.09円、 […]

円買い地合いが継続

昨夜は東京市場からの円買い地合いが継続してドル円は102.14円まで下押し。 来週のFOMCに向けての思惑が高まりやすいなか量的緩和(QE)縮小の可能性があり得るとしたレポートが市場で話題になったこともドル円の下落を後押 […]







« Older Entries Newer Entries »


高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share