FX攻略ブログ 『GET MONEY』
GMOクリック証券
Home » 記事一覧

FX攻略ブログ GET MONEY

いよいよ英国のEU離脱に関する国民投票日です

6月23日(木)、イギリスでは欧州連合(EU)離脱是非を問う国民投票が予定されています。 投票結果によっては為替市場に大きなな影響を与えることが予想されます。   大きく動くという事は、大きく利益を上げると同時 […]

パニックは一服か?

昨日の海外市場でパニック的に加速した円買いが巻き戻される展開となり、ドル円は120円台を回復させ、NYタイムの下げ幅を埋めきりました。 日経平均株価は800円安近辺まで売られた後、1100円近く買い戻される荒い値動きとな […]

ギリシャ・リスクへの懸念からポジション調整の動きか?

本字の材料は多いのですが、まず豪5月小売売上高と中国6月HSBCサービス業PMIの強弱感で、豪ドルが一定の振れ幅となりそうで、弱い内容が出ると7日の理事会での利下げの思惑につながり、豪ドルを大きく圧迫しそうです。 全体的 […]

イエレンFRB議長・上院銀行委員会での証言

昨日のニューヨーク外為市場でドル円は、119円84銭まで上昇後に下落。 イエレンFRB議長が上院銀行委員会での証言で利上げを急がない方針を再確認したことにより、予想を下振れた米国の消費者信頼感指数や製造業指数などの結果を […]

ドル円120円を突破・雇用統計に注目

ドル円は昨日ついに120円台を突破してきました。 一ヶ月で10円動いていますので大きな調整のポイントにも注目です。 そして、今夜発表されるアメリカの雇用統計の結果は?   ◎12/5 経済指標・発表予定 14: […]

月内に衆院を解散?!

安倍晋三首相が「月内に衆院を解散し、12月中に総選挙を断行する意向を固めた。」との報道をきっかけに円売り・ドル買いが先行し一時116.015円まで値を上げましたが、前日の高値116.11円が意識されると伸び悩んでいます。 […]

ポンドドル急落

東京外国為替市場でポンドドルは急落。 8時時点では1.6217-22ドルとニューヨーク市場の終値(1.6327ドル)と比べて0.0110ドル程度のポンド安。 英サンデータイムズ紙は、英北部スコットランドの独立に関する世論 […]

8/6の経済指標発表予定

8/6の経済指標・発表予定 07:45 Q2失業率  5.9%↑ 5.8% 5.6% 07:45 Q2就業者数増減(前期比)  +0.9% +0.7% +0.4% 14:00 6月景気一致CI指数<速報値>  111.3 […]

イエレン米FRB議長の半期議会証言を控えて様子見

先週末は、ポルトガルのエスピリト・サント銀行(BES)をめぐる懸念が和らぐ中で全般的に動意が薄く、ドル円はイエレン米FRB議長の半期議会証言を控えて様子見となりました。 ユーロドルは、BESの不安定な株価動向を手掛かりに […]

7/7の経済指標・発表予定

今週の外国為替市場は、強い米6月雇用統計にも盛り上がらない相場が続きそうですが、米FOMC議事録で、年内の金利正常化に向けた思惑が拡大するか大きな焦点となりそう。   7/7の経済指標・発表予定 14:00 5 […]

下半期入りでの動きは?

本日より下半期入りとなりました。 ドル円は、海外市場をメインに重要イベントが目白押しですので動き出しは穏やかなものとなると見られています。 本日は6月調査日銀短観を皮切りに、中国の製造業PMIや豪準備銀行(RBA)政策金 […]

ドル円は102.17円を高値に伸び悩み状態

昨日のドル円は102.17円を高値に伸び悩み状態。 強い米新築住宅販売件数や米CB消費者信頼感指数を背景にドルが買われた後、米株安や米利回り低下を背景に押し戻されました。 ポンドドルはカーニーBOE総裁の発言を受けて1. […]

ポンドは堅調地合いが継続

イラク情勢の悪化を背景とした原油高は一服気味となっていてエネルギー高に対する警戒感はましになり米株式市場は反発しました。 先週のドル円はやや重い動きで一時101.60円まで下押し。 本日の東京タイムでは、目立つイベントは […]

「下値は堅く、上値は重い」さえない相場展開

先週末NYタイム為替市場は米雇用統計の結果を受け、ドルが主要通貨に対し底堅い動きとなりました。 5月の非農業部門雇用者数(NFP)は21.7万人で市場予想通りの結果で、失業率は前回から横ばいの6.3%となり市場予想の6. […]

欧州通貨が堅調

先週末ニューヨーク市場では欧州通貨が堅調で、ユーロドルは1.3650ドル、ユーロ円は138.89円、ポンドドル1.6778ドル、ポンド円は170.71円まで上値を伸ばしました。 アメリカの経済指標発表結果は全体的にまちま […]

ドル円の反発

先週末の海外市場ではドル円の反発が続きました。 アメリカの株式市場が堅調だったことや米新築住宅販売件数が市場予想を上回ったことが支えとなった模様です。 欧州通貨はドル高で推移しました。 欧州中央銀行(ECB)の追加緩和観 […]

ドル円の煮え切れない相場展開

昨日NYタイムの為替市場はドルが「いって来い」となりました。 ECBのマイナス金利政策をめぐる警戒心からユーロ売りが進む中で、多くの通貨に対してドル買いが先行しました。 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で「金融政策 […]

ウクライナ情勢への懸念が継続

先週末はアメリカ株式市場オープンを前に発表された米4月住宅着工件数(結果107.2万件、予想98.0万件)、建設許可件数(結果108.0万件、予想101.0万件)、が強い結果となったことで米金利が持ち直しドル買いが進む展 […]

まだまだ、はっきりしない展開

昨日のNYタイムは、堅調な米株式市場の動きを受けてリスク選好の円売りが優勢となりました。 ダウ平均は16704.84ドルまで最高値を更新し、日経平均先物も夜間取引で底堅く推移。 日本の経常黒字縮小も海外勢に意識されたと思 […]

GW明けはどう動くのか?

昨日までの外国為替市場でドル円は3日続落。 欧州通貨などに対してドル売りが強まった流れとともに、米10年債利回りの低下で日米金利差縮小を見越した売りも出ました。 一方、ユーロドルは続伸。 4月スペインサービス部門購買担当 […]





1 / 2212345...10...最後 »


« Older Entries


高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share