DMM.com証券

Home » 日経225とバイナリーオプションとの違い

日経225とバイナリーオプションとの違い


まず「日経225」について知っておきましょう。

日経225(NIKKEI225)とは、日本経済新聞社が選出した日本株の中でも業種を代表する225銘柄を指すものです。

一般に「日経平均(日経平均株価)」というものはこの日経225のことを指します。

TOPIX(東証株価指数)と並び日本における株価指標(指数)としては、代表的なものとなっており、オプションや先物取引、金融デリバティブ商品が世界で多く取引されています。
(海外ではNIKKEI225と呼ばれています)

 

バイナリーオプション取引との違いは?

バイナリーオプションと良く似ています。

というよりも、バイナリーオプション取引の商品のひとつに日経225が含まれているケースがあります。

この場合、ある日時のポイントでで、株価が上がっているのか下がっているのかを選択するわけです。

日経225の場合は、FXのような円高or円安のみを勉強するわけではないので、難易度は増してきます。

 

FXや日経225のデリバティブオプションなどでは突然の暴落などで、資金の大半を飛ばす、追い証拠金が発生する場合などがありますが、バイナリーオプションでは、最初に決めた取引資金(投資金)のみで取引しますので、損失を出した場合でも、投資金以上の金額が必要になることはありません。

 

 

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH







高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share