FX攻略ブログ 『GET MONEY』

Home » FX攻略ブログ GET MONEY » 欧州通貨が堅調

欧州通貨が堅調

2014-06-02
 FXバイナリーオプション ブログランキングへ

先週末ニューヨーク市場では欧州通貨が堅調で、ユーロドルは1.3650ドル、ユーロ円は138.89円、ポンドドル1.6778ドル、ポンド円は170.71円まで上値を伸ばしました。

アメリカの経済指標発表結果は全体的にまちまちでしたが米長期金利は中盤になって上昇傾向を強めて、株式市場ではダウ平均が半月ぶりに過去最高値を塗り替えました。

ドル円は対欧州通貨でのドル安を受けて上げ幅は限定的。

また、週末に発表された中国の5月製造業PMIは、市場予想を上回って昨年12月以来の高水準。

今週は欧州中央銀行(ECB)理事会や米5月雇用統計を控えています。

本日は月初に伴った新たな取引も期待できますが、中国・香港市場が端午節の祝日で休場ということもあって全体的に落ち着いたムードとなる見込みです。

 

6/2の経済指標・発表予定

08:50 Q1設備投資(除ソフトウェア)(前年比)  +2.8% +5.9% –
08:50 Q1設備投資(前年比)  +4.0% +5.8% –
08:50 Q1企業収益(前年比)  +26.6% – –
08:50 Q1企業売上高(前年比)  +3.8% – –
10:30 Q1企業営業利益(前期比)  +1.7% +2.5% –
10:30 4月住宅建築許可件数(前月比)  -3.5% +2.0% –
10:30 4月住宅建築許可件数(前年比)  +20.0% +12.3% –
10:35 5月マークイット製造業PMI<確報値>  49.9 – –
14:00 5月自動車販売台数(前年比)  -11.4% – –
16:00 エバンス・シカゴ連銀総裁講演
16:30 5月製造業PMI  55.8 55.5 –
16:45 5月製造業PMI  54.0 53.6 –
16:50 5月製造業PMI<確報値>  49.3 49.3 –
16:55 5月製造業PMI<確報値>  52.9 52.9 –
17:00 5月製造業PMI<確報値>  52.5 52.5 –
17:30 5月製造業PMI  57.3 57.0 –
17:30 4月消費者信用残高  +11億£ +8億£ –
19:30 メルシュECB専務理事講演
20:45 ヌイ・ユーロ圏銀行監督当局長講演
21:00 5月CPI<速報値>(前月比)  -0.2% +0.1% –
21:00 5月CPI<速報値>(前年比)  +1.3% +1.1% –
22:45 5月マークイット製造業PMI<確報値>  56.2 56.2 –
23:00 5月ISM製造業景況指数  54.9 55.5 –
23:00 4月建設支出(前月比)  +0.2% +0.6% –
23:15 レーン欧州副委員長講演

 

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH

Related Posts

  • ドルが主要通貨に対して下落ドルが主要通貨に対して下落 昨日の外国為替市場ではドルが主要通貨に対して下落。 アメリカの小売売上高と週間失業保険新規申請件数が期待外れだったことが嫌気されました。 昨日発表された1月の小売売上 […]
  • 材料が多く注意が必要材料が多く注意が必要 本日は、材料が多く注意が必要ですが、まずオーストラリア関連では豪第1四半期消費者物価が中銀の目標を上回る内容となるか注目されています。 また、中国HSBC製造業PMIなどが […]
  • ドル円は上値の重い動きとなりそうドル円は上値の重い動きとなりそう 先週末の為替市場は、米雇用統計の結果を受けてドルが弱含み、非農業部門雇用者数は市場予想通り増加し前回2月分は上方修正されました。 雇用鈍化からの回復、失業率の低下傾向は一服 […]
  • NYタイムは円売り・ドル売りが優勢NYタイムは円売り・ドル売りが優勢 昨日のNYタイムは円売り・ドル売りが優勢でした。 ロンドンタイムは、ウクライナ問題を背景にリスク回避的な動きにより円高・ドル高に振れていましたが、ロンドンフィックスにかけて […]
  • 中国の理財商品が一部デフォルト中国の理財商品が一部デフォルト ドル円は上値の重い米株価と米長期金利のじり高を眺めつつ102円半ばで小幅に変動。 ユーロはユーロ圏鉱工業生産のさえない結果やクーレECB理事の「ECBはマイナス金利を真剣に […]
  • ドル円は102円半ばでこう着状態ドル円は102円半ばでこう着状態 昨日は株式市場が堅調に推移したもののドル円は102円半ばでこう着状態。 東京タイム昼過ぎから下落し、ロンドンタイムの上昇を経て、昨日東京タイム午前のレンジに帰ってくる「いっ […]
  • ウクライナ情勢の緊迫化ウクライナ情勢の緊迫化 昨日、アメリカ新築住宅販売件数の発表前に警戒感から円高が進んでいましたが、指標結果の強さを受けてドル円が反発、円買いは一服しました。 ドル円は102.61円まで上昇後、いっ […]
  • 日銀の金融政策決定会合の結果が公表日銀の金融政策決定会合の結果が公表 本日の東京タイムは、日銀の金融政策決定会合の結果が公表される予定となっています。 金融政策に変更はないと見込まれますが、前回の会合で貸し出し支援策の拡充が決定し、日経平均株 […]
  • ウクライナ情勢の緊張感の高まりウクライナ情勢の緊張感の高まり 昨夜のNYタイムでは円が全面高となりました。 アメリカの2月小売売上高や新規失業保険申請件数の好調な結果を受けての、ドル買いや円売りは短時間で失速。 中国の景気鈍化懸 […]
  • 低調な米経済指標低調な米経済指標 昨日は低調な米経済指標の結果を受けてドル売りが先行しました。 本日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録公表を前に積極的な取引は手控えられましたが、ドル円は米長期債利回り […]








高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share