FX攻略ブログ 『GET MONEY』
GMOクリック証券
Home » FX攻略ブログ GET MONEY » ドル円の煮え切れない相場展開

ドル円の煮え切れない相場展開

2014-05-22
 FXバイナリーオプション ブログランキングへ

昨日NYタイムの為替市場はドルが「いって来い」となりました。

ECBのマイナス金利政策をめぐる警戒心からユーロ売りが進む中で、多くの通貨に対してドル買いが先行しました。

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で「金融政策の正常化について議論」したことが明らかになると、ドルは一段高の展開に。

しかし、「正常化に関して決定された事項はない」、「雇用を促進してもインフレ懸念はないと判断」、「弱い住宅市場のリスクを指摘」など、当局側が慎重姿勢を崩してなくて、早期の利上げ期待は後退するとドルは終盤に上げ幅を縮めました。

ユーロドルは1.3635ドル、豪ドル/ドルは0.9209ドルまで下落、ドル円はFOMC議事録公表直後に101.63円まで上昇しました。

日銀金融政策決定会合や黒田日銀総裁の記者会見、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録を通過しましたが、ドル円の煮え切れない相場展開がしばらくは継続しそうです。

プーチン露大統領が、ウクライナとの国境付近に展開していた軍を撤収する方針を確認したことや、米株が大幅反発したことは、ドル円の下支えとなりそうですが、米長期債利回りの戻りが弱いので大幅反発は期待できそうもありません。

本日の東京タイムでは、101円半ばを中心に101台での動きが続きそう。

また、中国5月HSBC製造業PMI・速報値の発表が予定されていて、さえない結果となれば、中国の景気減速への懸念からリスク回避の円買いが強まる可能性はありそうです。

 

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH








高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share