FX攻略ブログ 『GET MONEY』
GMOクリック証券
Home » FX攻略ブログ GET MONEY » ウクライナ情勢への懸念が継続

ウクライナ情勢への懸念が継続

2014-05-19
 FXバイナリーオプション ブログランキングへ

先週末はアメリカ株式市場オープンを前に発表された米4月住宅着工件数(結果107.2万件、予想98.0万件)、建設許可件数(結果108.0万件、予想101.0万件)、が強い結果となったことで米金利が持ち直しドル買いが進む展開となりました。

その後、米5月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値(結果81.8、市場予想84.5、前月84.1)の結果により米金利上昇・ドル買いは失速。

ドル円は101.40円台に押し戻されました。

追加緩和への思惑から週を通して重い動きだったユーロは、ユーロドルが1.3685ドル、ユーロ円は138.77円まで下落しました。

アメリカ株の上昇が一服し、米長期債利回りの低下とウクライナ情勢への懸念が継続する中で、欧州中央銀行(ECB)理事会後のドラギ総裁の発言をきっかけにユーロの軟調地合いが続き、ユーロ円の続落もドル円の重しとなっていると思われます。

25日のウクライナ大統領選挙への警戒感から為替の動きも重く、攻防戦が引き続き注目されそうです。

今週は、20、21日に日銀金融政策決定会合、21日に米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の公表が予定されていますが、インパクトに欠ける内容になる可能性が高く、影響は限られそうです。

本日は注目のイベントは予定されていませんので、まずは日経平均の動向を眺めながらの動きとなりそうですが材料不足から動意は限られると思われます。

 

5/19の経済指標・発表予定

08:50 3月機械受注(前月比)  -4.6%↑ +5.8% +19.1%
08:50 3月機械受注(前年比)  +10.8% +4.3% +16.1%
16:00 バイトマン独連銀総裁講演
17:00 メルシュECB専務理事講演
18:00 3月建設支出(前月比)  +0.1% – –
18:00 3月建設支出(前年比)  +6.7% – –
18:30 クーレECB理事講演
21:00 ラスムセンNATO事務総長講演
25:10 ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演
25:30 ラガルドIMF専務理事講演

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH








高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share