FX攻略ブログ 『GET MONEY』
GMOクリック証券
Home » FX攻略ブログ GET MONEY » ウクライナ情勢の緊張感の高まり

ウクライナ情勢の緊張感の高まり

2014-03-14
 FXバイナリーオプション ブログランキングへ

昨夜のNYタイムでは円が全面高となりました。

アメリカの2月小売売上高や新規失業保険申請件数の好調な結果を受けての、ドル買いや円売りは短時間で失速。

中国の景気鈍化懸念、ウクライナ情勢の緊張感の高まりが円買いの背景に。

アメリカ経済指標を好感して買い先行で始まったダウ平均は前日比200ドルを超える水準まで下落。

米10年債利回りは2.65%割れまで大きく低下、市場全体でリスク回避の動きが優勢になりました。

ドル円は101.54円まで大幅下落、ポンド円は168.72円、加ドル円は91.77円。

リスク回避の動きが続いています。

先週末の中国貿易収支の低調な結果に続き、中国鉱工業や小売売上高もさえない結果となり中国景気減速への懸念が再確認される格好となりました。

そして、16日に予定されているクリミアのロシア編入をめぐる住民投票もリスク回避地合いを強めています。

ケリー米国務長官は、住民投票が実施されれば週明けにも欧米がロシアに対して重大な措置を発動するとの見解を述べ、主要7カ国(G7)と欧州連合(EU)も、ロシアがクリミアを編入した場合、追加的な制裁を発動すると警告。

ウクライナ情勢の不透明感は引き続きドル円・クロス円の重しとなりそうですが、徐々に様子見ムードが強まりそう。

 

3/14の経済指標・発表予定

08:50 日銀金融政策決定会合議事要旨公表(2月17-18日分)
13:30 1月鉱工業生産指数<確報値>(前月比)  速+4.0% – –
13:30 1月鉱工業生産指数<確報値>(前年比)  速+10.6% – –
13:30 1月設備稼働率(前月比)  +2.2% – –
16:00 2月CPI<確報値>(前月比)  速+0.5% +0.5% –
16:00 2月CPI<確報値>(前年比)  速+1.2% +1.2% –
17:15 2月生産者輸入価格(前年比)  -0.3% -0.5% –
18:30 1月貿易収支  -10.26億£ -22.00億£ –
18:30 1月建設支出(前月比)  +2.0% +1.5% –
18:30 1月建設支出(前年比)  +6.3% +5.2% –
19:00 Q4雇用者数(前期比)  ±0.0% – –
19:00 Q4雇用者数(前年比)  -0.8% – –
21:30 2月PPI(前月比)  +0.2% +0.2% –
21:30 2月PPI(前年比)  +1.2% +1.2% –
21:30 2月PPIコア(除食品・エネ)(前月比)  +0.2% +0.1% –
21:30 2月PPIコア(除食品・エネ)(前年比)  +1.3% +1.4% –
22:55 3月ミシガン大学消費者信頼感指数<速報値>

 

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH








高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share