FX攻略ブログ 『GET MONEY』
GMOクリック証券
Home » FX攻略ブログ GET MONEY » ロシア軍によるウクライナ・クリミア半島への軍事介入

ロシア軍によるウクライナ・クリミア半島への軍事介入

2014-03-03
 FXバイナリーオプション ブログランキングへ

先週末28日のNY市場では円売りが先行しました。

ミシガン大学消費者信頼感指数やシカゴ購買部協会景気指数の強い結果により、米株価指数が上昇するリスク選好のパターンのなかでドル円は102.30円まで上昇。

ユーロ円は141.12円、ポンド円は171.21円。

ただ、ロシア軍によるウクライナ・クリミア半島への軍事介入観測が浮上すると、円売りは巻き戻されて取引を終えました。

ロシア上院がウクライナ南部のクリミア自治共和国で、政情安定まで軍事力を行使することを承認し市場の緊張は一気に高まっています。

オバマ大統領はプーチン大統領と電話会談を実施し軍事介入を激しく非難。

ケリー国務長官が翌日にはウクライナ入りすることが明らかになるなか、露軍が部隊6000人をクリミアに投入して完全掌握したと米当局者から伝わったことで、オセアニア市場早朝からリスク回避的な円買いが入り、ドル円は先週末安値を下回った円高水準で推移しています。

 

3/3の経済指標・発表予定

08:50 4Q設備投資(除ソフトウェア)(前年比)  +2.3% +4.6% –
08:50 4Q設備投資(前年比)  +1.5% +4.9% –
08:50 4Q企業収益(前年比)  +24.1% – –
08:50 4Q企業売上高(前年比)  +0.8% – –
09:01 2月ホームトラック住宅調査(前月比)  +0.3% – –
09:01 2月ホームトラック住宅調査(前年比)  +4.8% – –
10:00 2月非製造業PMI  53.4 – –
10:45 2月HSBC製造業PMI  49.5 48.5 –
17:30 2月製造業PMI  56.1 – –
17:45 2月製造業PMI  53.1 – –
17:50 2月製造業PMI<確報値>  48.5 – –
17:55 2月製造業PMI<確報値>  54.7 54.7 –
18:00 2月製造業PMI<確報値>  53.0 53.0 –
18:30 2月製造業PMI  56.7 56.9 –
18:30 1月消費者信用残高  +6億£ +7億£ –
22:30 1月個人所得(前月比・年率)  ±0.0% +0.2% –
22:30 1月個人消費支出(前月比)  +0.4% +0.1% –
22:30 1月PCEコア・デフレータ(前月比)  +0.1% +0.2% –
22:30 1月PCEコア・デフレータ(前年比)  +1.1% +1.1% –
22:30 1月鉱工業製品価格指数(前月比)  +0.7% – –
22:30 1月原材料価格指数(前月比)  +1.9% – –
22:58 2月マークイットPMI<確報値>  53.7 56.6 –
23:00 ドラギECB総裁講演
24:00 2月ISM製造業景況指数  51.3 52.0 –
24:00 2月建設支出(前月比)

 

 

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH

Related Posts

  • 海外市場ではドルが軟調海外市場ではドルが軟調 昨日の海外市場ではドルが軟調でした。 米3月シカゴ購買部協会景気指数が弱く、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が「経済には異例の支援が当面必要」などと述べたことが手がか […]
  • NYタイムは円売り・ドル売りが優勢NYタイムは円売り・ドル売りが優勢 昨日のNYタイムは円売り・ドル売りが優勢でした。 ロンドンタイムは、ウクライナ問題を背景にリスク回避的な動きにより円高・ドル高に振れていましたが、ロンドンフィックスにかけて […]
  • 下半期入りでの動きは?下半期入りでの動きは? 本日より下半期入りとなりました。 ドル円は、海外市場をメインに重要イベントが目白押しですので動き出しは穏やかなものとなると見られています。 本日は6月調査日銀短観を皮 […]
  • 新興国リスク新興国リスク 昨日のニューヨークタイムは円が全面高の展開となりました。 ロンドンタイムまでは、トルコ・インド・南アなどによる通貨防衛のための利上げによって新興国リスクが後退する雰囲気が強 […]
  • ドル円は102円半ばでこう着状態ドル円は102円半ばでこう着状態 昨日は株式市場が堅調に推移したもののドル円は102円半ばでこう着状態。 東京タイム昼過ぎから下落し、ロンドンタイムの上昇を経て、昨日東京タイム午前のレンジに帰ってくる「いっ […]
  • クリミアを併合する手続きクリミアを併合する手続き 昨日の海外市場ではウクライナ・クリミアをめぐる懸念がやや後退。 欧米のロシアに対する制裁は渡航禁止や資産凍結にとどまっていて事態のさらなる悪化が一時的に回避されています。 […]
  • 中国の理財商品が一部デフォルト中国の理財商品が一部デフォルト ドル円は上値の重い米株価と米長期金利のじり高を眺めつつ102円半ばで小幅に変動。 ユーロはユーロ圏鉱工業生産のさえない結果やクーレECB理事の「ECBはマイナス金利を真剣に […]
  • 新興国混乱新興国混乱 先週末にIMF報道担当者は、新興国の通貨安や資金流出に対する懸念を受けて各国の中央銀行に流動性悪化を警戒するように呼びかけました。 IMFは新興国混乱により、資金調達の難航 […]
  • 新興国通貨の上昇新興国通貨の上昇 昨日、ダウ平均が上下しながらも底堅く推移したことは、米長期債利回りの上昇を促しドル円の下支えとなったとみられます。 エバンス米シカゴ連銀総裁が「テーパリングの規模、実際にか […]
  • ウクライナ情勢の緩和ウクライナ情勢の緩和 昨夜のNYタイムではウクライナ情勢の緩和を背景としたリスク回避姿勢の後退から円が売られる展開となりました。 ダウ平均や日経平均先物、米長期金利の上昇によりドル円は102.2 […]








高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share