FX攻略ブログ 『GET MONEY』

Home » FX攻略ブログ GET MONEY » 為替は強い方向感が出にくい展開

為替は強い方向感が出にくい展開

2014-02-24
 FXバイナリーオプション ブログランキングへ

先週末の市場はG20財務相・中央銀行総裁会議を控えていたこともあり方向感が定まりませんでした。

米1月中古住宅販売件数が462万件と約1年半ぶりの低水準となったことでドル売りが優勢。

ドル円は102円半ばへ下押したものの、直近の低調な米経済指標は悪天候の影響との見方もあって大幅な値動きには繋がりませんでした。

ユーロに関しては、ウクライナ議会が大統領の権限を制限し議会の権力を高める2004年の憲法に回帰することを可決したことで情勢沈静化への期待が支えとなりました。

ユーロドルは1.3759ドル、ユーロ円は141.29円まで上昇。

いまのところユーロ買いを一層強めるには至っていません。

ドラギECB総裁やプラートECB理事から、インフレ動向次第では行動を起こす用意があるとの発言が聞かれたことへの警戒感もあるよう。

本日の東京タイムは特にイベントもないため、為替は強い方向感が出にくく、株式など他市場の動向をにらみながら上下しそうです。

週末のG20財務相・中央銀行総裁会議は、声明に5年で世界経済の成長率を2%底上げするとの内容を盛り込んだものの、具体的な手立てが示されるのはこれからであり、実現性を疑問視する声もあります。

 

2/24の経済指標発表予定

18:00 2月IFO景気動向指数  108.9 – –
19:00 1月CPI(前月比)  +0.3% -1.1% –
19:00 1月CPI<確報値>(前年比)  +0.7% – –
19:00 1月CPIコア<確報値>(前年比)  +0.8% +0.8% –
22:30 1月シカゴ連銀全米活動指数  0.16 – –
22:45 グリーンスパン前FRB議長講演
24:30 2月ダラス連銀製造業活動指数

 

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH








高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share