FX攻略ブログ 『GET MONEY』

Home » FX攻略ブログ GET MONEY » 1月最後の日

1月最後の日

2014-01-31
 FXバイナリーオプション ブログランキングへ

昨日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、新たに100億ドルの資産買入れ規模縮小が決定された流れが継続、米10-12月期GDPが好調な個人消費を受けてドルの上昇を後押ししました。

独の落ち着いたインフレ指標から、ECBが低金利をかなりの期間維持するとの思惑でユーロが軟調となったこともドルを下支えしたとみられます。

ドル円は株高や債券安が先行する中、102.89円まで上昇幅を拡大しユーロドルは1.3544ドルまで下げ幅を広げました。

ドル円は、昨日も新興国不安を背景に下押しする場面もありましたが102円の大台を割り込むことなく底堅く推移。

米10-12月期GDPは市場予想通りの+3.2%となり米経済が堅調に拡大していることが示され、前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明で成長が加速しているとしていたことを裏付ける結果となりました。

本日の東京タイムは、新興国の動向を睨みながらの展開は継続しつつ、日経平均の反発が予想される中ドル円・クロス円は底堅い動きとなりそうです。

ドル円は102円後半を中心に103円の大台回復を試す展開が予想されます。

中国市場は春節(旧正月)で2月6日まで休場。

 

1/31の経済指標・発表予定

08:15  1月マークイット製造業PMI  55.2 – 56.6
08:30  12月全世帯家計調査支出(前年比)  +0.2% +1.2% +0.7%
08:30  12月失業率  4.0% 3.9% 3.7%
08:30  12月有効求人倍率  1.00 1.01 1.03
08:30  12月全国CPI(前年比)  +1.5% +1.5% +1.6%
08:30  12月全国CPI(除生鮮)(前年比)  +1.2% +1.2% +1.3%
08:30  12月全国CPI(除食料・エネルギー)(前年比)  +0.6% +0.7% +0.7%
08:30  1月東京都CPI(前年比)  +0.9% +0.8% +0.7%
08:30  1月東京都CPI(除生鮮)(前年比)  +0.7% +0.7% +0.7%
08:30  1月東京都CPI(除食料・エネルギー)(前年比)  +0.3% +0.4% +0.3%
08:50  12月鉱工業生産指数<速報値>(前月比)  -0.1% +1.3% +1.1%
08:50  12月鉱工業生産指数<速報値>(前年比)  +4.8% +7.3% +7.3%
09:05  1月GFK消費者信頼感調査  -13 -12 -7
14:00  12月建設工事受注(前年比)  +2.2% – –
19:00  12月失業率  12.1% 12.1% –
19:00  1月CPI(前年比)  +0.8% +0.9% –
19:00  1月CPIコア<速報値>(前年比)  – +0.8% –
21:00  12月貿易収支  +8億ランド +30億ランド –
22:30  12月個人所得(前月比・年率)  +0.2% +0.2% –
22:30  12月個人消費支出(前月比)  +0.5% +0.2% –
22:30  12月PCEコア(前年比)  +1.1% +1.2% –
22:30  12月PCEコア・デフレータ(前年比)  +0.9% +1.1% –
22:30  11月GDP(前月比)  +0.3% +0.2% –
22:30  11月GDP(前年比)  +2.7% +2.6% –
23:45  1月シカゴ購買部協会景気指数  60.8↑ 59.0 –
23:55  1月ミシガン大学消費者信頼感指数<確報値>

 

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH








高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share