FX攻略ブログ 『GET MONEY』

Home » FX攻略ブログ GET MONEY » トルコ・リラが急上昇

トルコ・リラが急上昇

2014-01-29
 FXバイナリーオプション ブログランキングへ

トルコ中銀は緊急会合を開き従来の政策金利を2倍強に引き上げました。

この結果を受けてトルコ・リラは急上昇、為替相場ではリスク選好ムードが広がっています。

ただ、今晩の米連邦公開市場委員会(FOMC)結果待ちで動意は限られそうです。

東京タイムでは、欧米株の反発を受けて日経平均も底堅い動きが予想され、ドル円の下支えになりそう。

今回のFOMCはバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長にとって最後の会合となりますが、現段階で会見の予定はなく声明の発表のみとなりそうで、量的緩和(QE)縮小ペースが焦点となります。

大方の予想では、前回同様に100億ドルの減額が見込まれています。

新興国の流動性懸念は気がかりですが、FRBは100億ドルの減額ペースを維持し金融政策の先行き不透明感を払拭に尽力すると思われます。

米12月雇用統計のさえない結果や新興国懸念から今回のFOMCでQE縮小は見送られるとの見方もあります。

 

1/29の経済指標・発表予定

11:00  オバマ米大統領、一般教書演説
16:00  2月GFK消費者信頼感調査  7.6 7.6 –
18:00  12月マネーサプライM3(前年比)  +1.5% +1.7% –
21:00  MBA住宅ローン申請指数  +4.7% – –
21:15  カーニー英中銀総裁講演
25:30  2年物インフレ連動債入札
28:00  FOMC・政策金利発表(現行 0.25%)  0.25% 0.25% –
28:00  FRB住宅ローン担保証券(MBS)買入れプログラム  月間350億ドル 月間300億ドル –
28:00  FRB米国債買入れプログラム  月間400億ドル 月間350億ドル –
28:00  FRB資産買入れプログラム総額

 

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH








高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share