FX攻略ブログ 『GET MONEY』

Home » FX攻略ブログ GET MONEY » ドル円が103円台へ

ドル円が103円台へ

2013-12-03
 FXバイナリーオプション ブログランキングへ

 

昨日は米10年債利回りの上昇などを材料としてドル円が103円台を示現するなど円安基調を鮮明にしました。

本日はこの動きが引き続き継続するか注目です。

また、東京タイムでは昨日に続き中国・オーストラリアに関連した材料が並んでいます。

注目は豪10月小売売上高の結果、豪準備銀行(RBA)理事会の声明文においての追加緩和の有無。

 

12/3の経済指標・発表予定

08:50  11月マネタリーベース(前年比)  +45.8% – +52.5%
09:00  ポッターNY連銀公開市場操作デスク主任講演
09:30  10月小売売上高<季調済>(前月比)  +0.8% +0.4% –
09:30  Q3経常収支  -94億豪$ – –
10:00  11月非製造業PMI  56.3 – –
12:30  RBA・政策金利発表(現行 2.50%)  2.50% 2.50% –
18:00  レーン欧州委員講演
18:30  金融財政委員会議事録公表
18:30  11月建設業PMI  59.4 59.0 –
19:00  10月PPI(前月比)  +0.1% -0.2% –
19:00  10月PPI(前年比)  -0.9% -1.0% –
26:00  ケネディ加中銀副総裁講演

 

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH

Related Posts

  • ドル円は103円後半レンジドル円は103円後半レンジ 昨日のNYタイムは本日の米3月雇用統計発表を控えて市場全般的に様子見ムードで、ドル円は103円後半レンジ、ユーロはドラギ総裁が金融緩和への前のめりな姿勢をうまく市場に伝えたことか […]
  • ドル円120円を突破・雇用統計に注目ドル円120円を突破・雇用統計に注目 ドル円は昨日ついに120円台を突破してきました。 一ヶ月で10円動いていますので大きな調整のポイントにも注目です。 そして、今夜発表されるアメリカの雇用統計の結果は? […]
  • リスク選好の円売りが先行リスク選好の円売りが先行 先週末はアメリカ2月非農業部門雇用者数が+17.5万人と、市場予想の+14.9万人を上回ったほか、1月分が+11.3万人から+12.9万人に上方修正されたことを好感し、米金利上昇 […]
  • NYタイムは円売り・ドル売りが優勢NYタイムは円売り・ドル売りが優勢 昨日のNYタイムは円売り・ドル売りが優勢でした。 ロンドンタイムは、ウクライナ問題を背景にリスク回避的な動きにより円高・ドル高に振れていましたが、ロンドンフィックスにかけて […]
  • 緩和縮小ペースを加速する可能性緩和縮小ペースを加速する可能性 昨日の外国為替市場ではドルが主要通貨に対し上昇。 アメリカの堅調な景気回復を背景に連邦準備制度理事会(FRB)が来週の会合で緩和縮小ペースを加速する可能性があるとの見方が広 […]
  • ドル円101円台まで上昇ドル円101円台まで上昇 昨日はオセアニア通貨以外で円安が強まりました。 これといった円安材料は見当たりませんでしたが、東京タイムからの流れを引き継ぐ展開となりました。 昨日の米連邦公開市場委 […]
  • ロシア軍によるウクライナ・クリミア半島への軍事介入ロシア軍によるウクライナ・クリミア半島への軍事介入 先週末28日のNY市場では円売りが先行しました。 ミシガン大学消費者信頼感指数やシカゴ購買部協会景気指数の強い結果により、米株価指数が上昇するリスク選好のパターンのなかでド […]
  • FOMC待ちFOMC待ち FOMC待ちでポジション調整中心の展開が続いていますが、FOMCの見通しとしては政策金利は据え置きが予想されていて国債・MBS購入額については約2割のエコノミストが縮小開始を想定 […]
  • 本日も調整が続くのか本日も調整が続くのか 昨日の外国為替市場ではドルが大半の主要通貨に対して下落しました。 11月の米消費者信頼感指数が予想外に低下したことが手掛かりとなったと思われます。 全米産業審議会(コ […]
  • 欧州通貨がドルに対して上伸欧州通貨がドルに対して上伸 昨日の外国為替市場は米国が感謝祭の祝日で総じて薄商いとなる中、欧州通貨がドルに対して上伸しました。 ドイツとスペインの消費者物価指数(CPI)が上昇したことや、英中銀イング […]








高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share