FX攻略ブログ 『GET MONEY』
GMOクリック証券
Home » FX攻略ブログ GET MONEY » 欧州中央銀行(ECB)が理事会で過去最低の政策金利

欧州中央銀行(ECB)が理事会で過去最低の政策金利

2013-11-08
 FXバイナリーオプション ブログランキングへ

昨日のNYタイムではユーロが下落しました。

欧州中央銀行(ECB)が理事会で政策金利を過去最低となる0.25%に引き下げたことが材料となりました。

強いドイツ製造業データなどを手掛かりに利下げは見送られるとの見方でほぼ固まっていただけに予想外の結果と受け止められました。

ECBは同時に上限政策金利の限界貸出金利を1.00%から0.75%に引き下げ、中銀預金金利との差も縮小。

ドラギ総裁は今後数カ月続く見込みの低インフレに配慮して利下げを決定したと語り、マイナス預金金利導入の可能性も否定せず更なる措置の準備があることに含みをもたせました。

ユーロドルは9月13日以来の安値となる1.3295ドルまで急落。

 

本日は米雇用統計発表を控えて様子見の展開になりそうですが、昨日の海外タイムでは欧州中央銀行(ECB)理事会においてサプライズ的に利下げが実施され、ドラギ総裁もさらなる追加緩和に含みを持たす発言していることから、ユーロは基本的な流れとして目線は下方向を見ておきたいところです。

ただ、米7-9月期GDP・速報値が市場予想を大きく上回ったものの、再び米連邦準備制度理事会(FRB)による量的緩和(QE)縮小観測を高め、ドル高を促すには材料不足の感も否めません。

東京タイムは株価との連動性といった観点から序盤は動意づいたとしても徐々に調整主体の動きがメインとなり様子見ムードが広がっていきそうです。

 

11/8の経済指標・発表予定

08:50
対外証券投資(中長期ネット)
08:50
対外証券投資(株式ネット)
08:50
対内証券投資(中長期ネット)
08:50
対内証券投資(株式ネット)
09:30
RBA・SOMP(金融政策に関する声明)公表
15:45
10月失業率
16:00
9月貿易収支
16:00
9月経常収支
17:00
アスムセンECB専務理事講演
17:15
9月小売売上高(前年比)
18:30
9月商品貿易収支
18:30
9月建設支出
22:15
10月住宅着工件数(季調済)
22:30
10月非農業部門雇用者数(前月比)
22:30
10月民間部門雇用者数(前月比)
22:30
10月失業率
22:30
10月個人所得(前月比・年率)
22:30
10月個人消費支出(前月比)
22:30
10月PCEコア・デフレータ(前年比)
22:30
10月失業率
22:30
10月雇用ネット変化率(前月比)
23:00
メルシュECB専務理事講演
23:55
11月ミシガン大学消費者信頼感指数<速報値>
26:00
ロックハート・アトランタ連銀総裁講演
26:15
バローソ欧州委員長講演
29:30
バーナンキFRB議長講演・フィッシャー・ダラス連銀総裁

 

 

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH

Related Posts

  • 月内に衆院を解散?!月内に衆院を解散?! 安倍晋三首相が「月内に衆院を解散し、12月中に総選挙を断行する意向を固めた。」との報道をきっかけに円売り・ドル買いが先行し一時116.015円まで値を上げましたが、前日の高値11 […]
  • 7/7の経済指標・発表予定7/7の経済指標・発表予定 今週の外国為替市場は、強い米6月雇用統計にも盛り上がらない相場が続きそうですが、米FOMC議事録で、年内の金利正常化に向けた思惑が拡大するか大きな焦点となりそう。 &nbs […]
  • まだまだ、はっきりしない展開まだまだ、はっきりしない展開 昨日のNYタイムは、堅調な米株式市場の動きを受けてリスク選好の円売りが優勢となりました。 ダウ平均は16704.84ドルまで最高値を更新し、日経平均先物も夜間取引で底堅く推 […]
  • パニックは一服か?パニックは一服か? 昨日の海外市場でパニック的に加速した円買いが巻き戻される展開となり、ドル円は120円台を回復させ、NYタイムの下げ幅を埋めきりました。 日経平均株価は800円安近辺まで売ら […]
  • ウクライナ情勢への懸念が継続ウクライナ情勢への懸念が継続 先週末はアメリカ株式市場オープンを前に発表された米4月住宅着工件数(結果107.2万件、予想98.0万件)、建設許可件数(結果108.0万件、予想101.0万件)、が強い結果とな […]
  • 8/6の経済指標発表予定8/6の経済指標発表予定 8/6の経済指標・発表予定 07:45 Q2失業率  5.9%↑ 5.8% 5.6% 07:45 Q2就業者数増減(前期比)  +0.9% +0.7% […]
  • ドル円の煮え切れない相場展開ドル円の煮え切れない相場展開 昨日NYタイムの為替市場はドルが「いって来い」となりました。 ECBのマイナス金利政策をめぐる警戒心からユーロ売りが進む中で、多くの通貨に対してドル買いが先行しました。 […]
  • イエレンFRB議長・上院銀行委員会での証言イエレンFRB議長・上院銀行委員会での証言 昨日のニューヨーク外為市場でドル円は、119円84銭まで上昇後に下落。 イエレンFRB議長が上院銀行委員会での証言で利上げを急がない方針を再確認したことにより、予想を下振れ […]
  • ドル円の反発ドル円の反発 先週末の海外市場ではドル円の反発が続きました。 アメリカの株式市場が堅調だったことや米新築住宅販売件数が市場予想を上回ったことが支えとなった模様です。 欧州通貨はドル […]
  • GW明けはどう動くのか?GW明けはどう動くのか? 昨日までの外国為替市場でドル円は3日続落。 欧州通貨などに対してドル売りが強まった流れとともに、米10年債利回りの低下で日米金利差縮小を見越した売りも出ました。 一方 […]








高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share