FX攻略ブログ 『GET MONEY』

Home » FX攻略ブログ GET MONEY » イエレン氏のFRB議長指名

イエレン氏のFRB議長指名

2013-10-09
 FXバイナリーオプション ブログランキングへ

主要通貨はイエレン氏のFRB議長指名の報道を受けて対ドルで堅調に推移。

ハト派寄りとされる現FRB副議長のイエレン氏がFRB議長に指名されれば、現在の金融緩和政策が継続されるとの思惑から、ドル売りがやや優勢となりました。

昨日のNYタイム、為替相場は方向感に欠ける展開。

アメリカ関係筋が上院において多数を占める民主党が債務上限引き上げ法案を今週中に提出する可能性があるとの見解を示しましたが反応は乏しく、ベイナー米下院議長、オバマ米大統領の記者会見などもありましたが、新たな材料もなくインパクトが弱い感じでした。

ユーロドルは「いって来い」となるなど明確な方向感は出ませんでした。

米財政問題をめぐる議会交渉の進展が見えず、ドル円の軟調地合いは継続しそうです。

ドル円は200日移動平均線を下回ったところで下げ止まりましたが、本日もこの攻防戦が続きそうです。

オバマ大統領は14年度度暫定予算案と債務上限問題解決の前には財政削減策などを交渉しないことや、共和党との協議は政府閉鎖などの解決後であることを改めて強調し、ベイナー米下院議長は歳出削減なしに債務上限の引き上げはないと繰り返し、与野党の交渉は平行線のまま解決の糸口が見えてきません。

米政府機関の一部閉鎖により、雇用統計など注目経済指標の発表が延期され、米財政問題の長期化への懸念が強まっているなかでは、積極的な取引が手控えられるのは当然の流れ。

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録は予定通り本日のNYタイムに公表される見通しです。

前回のFOMCで量的緩和の縮小が見送られた判断の背景に注目が集まりそうですが、政治的な不透明感や主要経済指標の発表も延期されていることから、今月のFOMCで量的緩和(QE)縮小が見送られる思惑が強いことを踏まえると、相場への影響は限られそうです。

まだ様子見の展開が続きそうです。

 

10/9の経済指標・発表予定

08:50 日本
日銀金融政策決定会合議事要旨公表(8月7-8日分)
10:30 日本
中曽日銀副総裁講演・記者会見
15:00 日本
工作機械受注(前月比)
17:30 イギリス
8月鉱工業生産指数(前月比)
17:30 イギリス
8月貿易収支
19:00 ドイツ
8月鉱工業生産指数(前月比)
20:00 アメリカ
MBA住宅ローン申請指数
20:00 ユーロ圏
ファンロンパイEU大統領講演
20:00 ユーロ圏
オランド仏大統領講演
21:30 アメリカ
IMF国際金融安定性報告書公表
23:00 アメリカ
8月卸売売上高(前月比)
23:00 アメリカ
エバンス・シカゴ連銀総裁講演
26:00 アメリカ
10年債入札(350億$)
26:45 ユーロ圏
クーレECB理事講演
27:00 アメリカ
FOMC議事録公表(9月17・18日分)

 

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH


タグ: , , , ,





高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share