FX攻略ブログ 『GET MONEY』

Home » FX攻略ブログ GET MONEY » シリア情勢の影響

シリア情勢の影響

2013-08-28
 FXバイナリーオプション ブログランキングへ

昨日のNY市場では円買いが一段と強まりました。

シリア情勢の緊迫化によって地政学的リスクを背景とした米株の大幅下落を受け、ドル円は96.99円まで下落しました。

シリア情勢の対応次第では米国に対するテロ攻撃のリスクも増すため、全般的にドル売りがやや優勢となっています。

 

本日の東京タイムでもシリア情勢の緊迫化による円買い圧力が継続しそう。

ドル円は下値模索の展開が予想されます。

アメリカ政府はシリアのアサド政権が化学兵器を使用したとほぼ断定し、欧米諸国による軍事介入への警戒感が強まっています。

米軍がシリアへ、早ければ29日(米国時間)にミサイル攻撃を行う可能性があるとの報道も出ています。

シリア政府を支援するロシアやイランとの衝突も懸念され、昨日に続きリスク回避の円買いが優勢になりそうです。

米長期債利回りが連日の下落基調となっていることもドル円の上値を圧迫する材料になりそうです。

 

8/28の経済指標・発表予定

14:00 日本
岩田日銀副総裁講演
15:00 ドイツ
7月輸入物価指数(前月比)
15:00 ドイツ
9月GFK消費者信頼感調査
17:00 ユーロ圏
7月マネーサプライM3(前年比)
20:00 アメリカ
MBA住宅ローン申請指数
21:45 イギリス
カーニーBOE総裁講演
23:00 アメリカ
7月中古住宅販売保留(前月比)
26:00 アメリカ
5年債入札(350億$)

 

 

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH


タグ: , ,





高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share