FX攻略ブログ 『GET MONEY』

Home » FX攻略ブログ GET MONEY » G8とFOMCを前に

G8とFOMCを前に

2013-06-14
 FXバイナリーオプション ブログランキングへ

17日・18日の主要8カ国(G8)首脳会議と19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を来週に控え大きな動きはないとみられています。

また本日は、国内企業の決済が集中する五十日に当たるため、輸出・輸入業者からの注文が見込まれています。

横ばいに推移するとみて、95円から96.50円のレンジでしょうか。

まずは、下落の続く日経平均に注目です。

 

6/14の経済指標・発表予定

8:50 日本
日銀金融政策決定会合議事要旨公表(5月21・22日分)
18:00 ユーロ圏
5月CPI<確報値>(前年比)
18:00 イギリス
5月CPIコア(前年比)
18:50 ユーロ圏
マカファティー英中銀MPC委員講演
19:00 ユーロ圏
LTRO(3年流動性供給オペ)資金の返済額公表
21:30 カナダ
4月製造業売上高(前月比)
21:30 アメリカ
5月PPI(前年比)
21:30 アメリカ
5月PPIコア(除食品・エネ)(前年比)
21:30 アメリカ
Q1経常収支
22:00 アメリカ
4月対米証券投資(ネット長期TICフロー)
22:15 アメリカ
5月鉱工業生産指数(前月比)
22:15 アメリカ
5月設備稼働率
22:55 アメリカ
6月ミシガン大学消費者信頼感指数<速報値>

 

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH

Related Posts

  • FOMC・政策金利発表前FOMC・政策金利発表前 FOMC・政策金利発表を明日に控えての動きに注目です。 本日はあまり重要な指標発表がありませんが、夏季ダボス会議と欧州議会本会議が開催中で、キム世界銀行総裁が記者会見も予定 […]
  • FOMC・政策金利発表でどう動くか?FOMC・政策金利発表でどう動くか? 昨日の外国為替市場は、ドイツ憲法裁判所がユーロ圏の恒久的救済基金の批准を承認したことを受けて、ユーロはドルに対し4カ月ぶりの高値を付けました。 先週からユーロの上昇が続いて […]
  • 主要8カ国(G8)首脳会議主要8カ国(G8)首脳会議 アメリカの経済指標、株価動向がさえない中で、ドル円は先週からの下落傾向がしばらく続くと見られています。 今週は、18~19日の連邦公開市場委員会(FOMC)、バーナンキFR […]
  • FOMC・政策金利発表FOMC・政策金利発表 8月初日の動向はどうなるでしょうか? 明日8/2にECB金融政策結果発表を前に 今日は深夜にアメリカのFOMC・政策金利発表を控えています。 指標の重要性として […]
  • FOMC待ちFOMC待ち FOMC待ちでポジション調整中心の展開が続いていますが、FOMCの見通しとしては政策金利は据え置きが予想されていて国債・MBS購入額については約2割のエコノミストが縮小開始を想定 […]
  • 量的緩和(QE)縮小の開始が決定されるか量的緩和(QE)縮小の開始が決定されるか アメリカ連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を控えて様子見ムード。 今回のFOMCは、量的緩和(QE)縮小の開始が決定されるか、QE縮小幅はどの程度になるか、フォワード […]
  • 3連休明けの東京市場では穏やかに円高の流れが継続3連休明けの東京市場では穏やかに円高の流れが継続 昨日の為替市場は円高方向への動き。 アメリカ債務上限引き上げ問題に対する警戒感も高まり、アメリカ量的緩和(QE)の縮小時期が見通せないことも不透明感を強めていて、株価の下げ […]
  • 期末で為替の新規取引が手控え気味期末で為替の新規取引が手控え気味 昨日のニューヨークタイムはドル高寄りに推移。 アメリカ新規失業保険申請件数の好結果が材料となりましたが、金融当局が注目するインフレ指標の個人消費支出(PCE)デフレーターが […]
  • アメリカ財政協議の進展アメリカ財政協議の進展 昨日はアメリカ財政協議の進展によりドル買いやリスク選好の円売りが優勢の展開。 米10月NAHB住宅市場指数が市場予想や前月を下回ったことは特に材料視されませんでした。 […]
  • 心理的に不安定な相場心理的に不安定な相場 アメリカ予算協議の難航によるリスク回避の動きで週明けの為替市場のオープンからドルが売られる展開に。 アメリカの政府機関が10月1日に一部閉鎖する可能性が高まり投資家が一段と […]


タグ: , , , , ,





高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share