FX攻略ブログ 『GET MONEY』
GMOクリック証券
Home » FX攻略ブログ GET MONEY » ダウ&日経平均続落

ダウ&日経平均続落

2013-06-06
 FXバイナリーオプション ブログランキングへ

昨日はダウ平均が1カ月ぶりに1万5000ドル台を割り込みました。

日経平均も続落が予想されていて12000円を割り込むのかどうか・・・・

ドル円は98円台でブレーキがかかるのかどうかに注目です。

本日のポイントは、英中銀MPC・政策金利発表後のポンドの動きと、ドラギ発言です。

またドラギ発言後にユーロは下落するのか??

 

6/6の経済指標・発表予定

10:30 オーストラリア
4月貿易収支
16:15 スイス
5月CPI(前年比)
19:00 ドイツ
4月製造業受注指数(前月比)
20:00 イギリス
英中銀MPC・政策金利発表(現行0.50%)
20:00 イギリス
英中銀MPC・資産買い入れ規模発表(現行3750億£)
20:45 ユーロ圏
ECB・政策金利発表(現行 0.50%)
21:00 アメリカ
プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演
21:30 ユーロ圏
ドラギECB総裁講演
21:30 アメリカ
新規失業保険申請件数
21:30 アメリカ
失業保険継続受給者数
23:00 カナダ
5月Ivey購買部協会指数

 

 

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH

Related Posts

  • ドル円が再び下落ドル円が再び下落 昨日は、FOMC議事録に緩和縮小観測を弱める部分もありましたが、バーナンキFRB議長が講演後に「条件によっては緩和継続が必要である。」との発言。 米金利の急低下も受けドルが […]
  • アメリカの5月雇用統計の発表を前にドル円下落アメリカの5月雇用統計の発表を前にドル円下落 昨日はドラギ発言後にユーロが買われ、ドルは大きく売られる展開となりました。 本日のアメリカ・5月雇用統計の発表を前に多くの投資家がドルの買い持ちを解消したようです。 […]
  • 引き続き株価の動向に注意引き続き株価の動向に注意 昨日のドル円は終始下押しされる形で終えました。 本日もこの動きが続くのかどうかに注目です。 まずは99円を割ってくるのかどうか?、株価の動向は? しっかりと様子 […]
  • 安倍首相・アベノミクス成長戦略第3弾発表安倍首相・アベノミクス成長戦略第3弾発表 主要通貨ペアはレンジ状態が続いていますが、本日は動きが出そうな材料が盛りだくさんです。 まずはオーストラリアのQ1GDP。 そして安倍首相・成長戦略第3弾発表・・・・ […]
  • ドル円は約3年ぶりの下げ幅ドル円は約3年ぶりの下げ幅 昨日、日本銀行は10日・11日の金融政策決定会合後、主要な緩和策を予想通り現状維持としました。 固定金利(0.1%)方式の資金供給オペの期間延長も見送りました。 オペ […]
  • 9月雇用統計の結果を受けドル売りが優勢9月雇用統計の結果を受けドル売りが優勢 昨夜のニューヨークタイムではアメリカ・9月雇用統計の結果を受け、ドル売りが優勢となりました。 米9月雇用統計では失業率が7.2%、非農業部門雇用者数(NFP)は+14.8万 […]
  • 債務上限引き上げをめぐり対立が継続債務上限引き上げをめぐり対立が継続 アメリカ議会で債務上限引き上げをめぐり対立が続いているため、ドル円はレンジ状態で推移。 議会での交渉が解決に向かえばドルは簡単に1円以上の上昇となると思われますが、解決しな […]
  • ドル円は98円半ばを中心としたレンジ状態ドル円は98円半ばを中心としたレンジ状態 本日の東京タイム、ドル円は98円半ばを中心としたレンジ状態が継続すると想定。 アメリカ予算案・債務上限引き上げ問題をめぐって昨日予定されていたオバマ大統領や両党指導部の協議 […]
  • ドル円は97円半ばを軸としたレンジドル円は97円半ばを軸としたレンジ 明日から開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)では金利動向に関する当局者の見通し公表やFRB議長の会見は実施されず、月額850億ドルの債券購入額も据え置かれる見通しです。 […]
  • アメリカ財政協議の進展アメリカ財政協議の進展 昨日はアメリカ財政協議の進展によりドル買いやリスク選好の円売りが優勢の展開。 米10月NAHB住宅市場指数が市場予想や前月を下回ったことは特に材料視されませんでした。 […]


タグ: , , , , ,





高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share