FX攻略ブログ 『GET MONEY』

Home » FX攻略ブログ GET MONEY » Q4GDPとBOC・政策金利発表

Q4GDPとBOC・政策金利発表

2013-03-06
 FXバイナリーオプション ブログランキングへ

本日もドル円、ユーロドルに関しては材料不足で明日以降に控えた各種発表待ちのレンジ状態継続となりそうです。

6日・7日の日本銀行金融政策決定会合、8日発表の米国2月雇用統計、欧州中央銀行(ECB)が7日に発表する月次の政策声明。

・・・ドラギECB総裁が利下げ再開時期を示唆するかどうか。

 

本日、ヨーロッパ時間以降のQ4GDP、BOC・政策金利発表、ADP雇用統計の発表内容によっては各通貨で動きが出るきっかけになりますので要チェックです。

あとは引き続き株価の動きや要人発言などに注意をしながらトレードしましょう。

 

3月6日の経済指標・発表予定

9:30 オーストラリア
  Q4GDP(前期比)
9:30 オーストラリア
  Q4GDP(前年同期比)
16:00 ユーロ圏
  リーカネン・フィンランド中銀総裁講演
18:45 イギリス
  キングBOE総裁議会証言
19:00 ユーロ圏
  Q4GDP<改定値>(前期比)
19:00 ユーロ圏
  Q4GDP<改定値>(前年同期比)
22:15 アメリカ
  2月ADP雇用統計(前月比)
22:15 アメリカ
  プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演
24:00 カナダ
  BOC・政策金利発表(現行1.00%)
24:00 カナダ
  2月Ivey購買部協会指数
24:00 アメリカ
  1月製造業受注指数(前月比)
28:00 アメリカ
  ベージュブック公表

 

 

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH

Related Posts

  • 中国経済指標の影響中国経済指標の影響 昨日は先週末のアメリカ雇用統計の発表後に大きく買われたドルの調整日となりました。 本日から来週明けにかけては、中国経済指標の発表が続きます。 中国の景気減速に対する不 […]
  • ECB政策金利発表まで様子見の展開ECB政策金利発表まで様子見の展開 本日も中国が休場となります。 重要な指標発表もありませんので大きな展開はないと思われます。 今週後半に控えたECB・政策金利発表、ドラギECB総裁の講演に注目が集まっ […]
  • ユーロ、円下落ユーロ、円下落 昨日はドル円が93円を突破してきました。 しかし、93.50円が中長期目線での節目となるため調整下落となりました。 上昇を続けていたユーロも、数週間後に行われるイタリ […]
  • アメリカの雇用統計でどう動くのかアメリカの雇用統計でどう動くのか 昨日はアメリカの指標発表が予想値よりも上回っていたためドルが買われる展開となりました。 ドル円は99円50を突破するまで上昇し、ユーロドルは1.3200まで下落しました。 […]
  • 94円のバリアOPを突破か?94円のバリアOPを突破か? 昨日は日銀の白川総裁辞任会見がありました。 次の日銀総裁候補者が誰なのかに注目が集まっています。   ドル円も昨日の調整では92円を下回ることなく93 […]
  • 月末&週末要因でどう動くか月末&週末要因でどう動くか 本日は特に重要な指標発表がありません。 世界的な株価上昇でドルが買われる展開となっています。 日経平均も上昇ムードが安定してくるとドル円の取り引きも安心してできそうで […]
  • 英中銀MPC&ECB政策金利発表英中銀MPC&ECB政策金利発表 昨日は予想通りドル円は94円を突破後、調整の下落となりました。 現在もまだ下げたところで持ち合っています。   本日もまだはっきりとした材料がないため […]
  • 次の材料は21日の参議院選挙次の材料は21日の参議院選挙 昨夜、米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長の議会証言でドルが大きく売られて買い戻される展開になりました。 次の材料は21日の参議院選挙。 安倍晋三首相率いる […]
  • ドラギECB総裁の発言でユーロ下落ドラギECB総裁の発言でユーロ下落 昨夜は予想通り?ドラギ発言の後でユーロが売られる形となりました。 当初は為替については言及しないと伝えられていましたが、意図は見え見えだったような気がします。 売りで […]
  • ドル円次は93円台ドル円次は93円台 先週末ドル円は92円後半まで上げてきました。 本日は重要な指標発表がありませんので株式市場の動向がおおきくずれない限りは上昇が続きそうです。 92.40~93.50円 […]


タグ: , , , , ,





高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share