FX攻略ブログ 『GET MONEY』
GMOクリック証券
Home » FX攻略ブログ GET MONEY » 貿易収支大幅マイナス

貿易収支大幅マイナス

2013-02-20
 FXバイナリーオプション ブログランキングへ

昨日は材料不足の中での日銀人事を巡る発言や外債購入を否定する発言で若干円高方向へ傾きました。

本日もこれといった材料はありませんので調整寄りのレンジ状態が継続となりそうです。

引き続き要人発言での変動、調整入りによる下落には注意しながらトレードしましょう。

 

2月20日の経済指標発表予定

8:50 日本
1月貿易収支(通関ベース)
8:50 日本
1月貿易収支(通関ベース)<季調済>
10:30 日本
森本日銀審議委員講演
13:30 日本
12月全産業活動指数(前月比)
16:00 ドイツ
1月PPI(前年比)
16:00 ドイツ
1月CPI<確報値>(前年比)
18:30 イギリス
英中銀MPC議事録公表(2月6・7日分)
18:30 イギリス
1月失業率
18:30 イギリス
1月失業保険申請件数(前月比)
22:30 アメリカ
1月住宅着工件数(季調済・年率)
22:30 アメリカ
1月建設許可件数(季調済・年率)
22:30 アメリカ
1月PPI(前年比)
22:30 アメリカ
1月PPIコア(除食品・エネ)(前年比)
24:00 ユーロ圏
2月消費者信頼感指数<速報値>
28:00 アメリカ
FOMC議事録公表(1月29日・30日分)

 

 

関連記事 :

最大レバレッジ1000倍!海外のFX業者



FX-RICH

Related Posts

  • BINARIDE | バイナリーオプション専用ツール BINARIDEはMetaTrader4にインストールして使用する、バイナリーオプション専用のシステムです。 チケット購入のチャンスが訪れると、チャート右上部分に価格上昇を […]
  • MR.BILLのバイナリーオプション実践記MR.BILLのバイナリーオプション実践記 皆さんはじめまして。 本日から多くの人達に利益をあげて頂けるようにいろんな情報を発信していきたいと思います。 まずは、第1回目なので、基本的な取引方法についても書きた […]
  • アジアNo.1 FXブローカー『InstaForex』アジアNo.1 FXブローカー『InstaForex』   // InstaForex   InstaForex 社は、国際 […]
  • 債務上限引き上げをめぐり対立が継続債務上限引き上げをめぐり対立が継続 アメリカ議会で債務上限引き上げをめぐり対立が続いているため、ドル円はレンジ状態で推移。 議会での交渉が解決に向かえばドルは簡単に1円以上の上昇となると思われますが、解決しな […]
  • ドル円は上値を試す展開ドル円は上値を試す展開 ドル円は上値を試す展開が続いています。 100円がポイントになると思われますが、まずはどこで戻されるのかを見極めたいところです。 株価の動向、シリア情勢に対するアメリ […]
  • 次の材料は21日の参議院選挙次の材料は21日の参議院選挙 昨夜、米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長の議会証言でドルが大きく売られて買い戻される展開になりました。 次の材料は21日の参議院選挙。 安倍晋三首相率いる […]
  • 為替相場は様子見ムード為替相場は様子見ムード 昨日、シリア情勢に関してオバマ米大統領が国民向けのスピーチで述べた通り、アメリカ議会での軍事介入をめぐる採決は先送りされ、シリアも化学兵器の受け渡しの判断を保留している状態。 […]
  • 上昇気味のドル円相場の展開上昇気味のドル円相場の展開 まだまだ、はっきりとしない展開が続きそうです。 先週の要人発言から何かくみ取れるかもしれませんので紹介しておきます。   黒田日銀総裁 「量的緩 […]
  • フィッチがアメリカのAAA格付けを引き下げる可能性フィッチがアメリカのAAA格付けを引き下げる可能性 昨日のニューヨークタイムはドルが下落。 アメリカ共和党員の一部が本日下院から提示された付帯条項付きの暫定予算・債務上限引き上げ法案を補強することを望んでいると伝えられ、協議 […]
  • 日経平均が続落日経平均が続落 今週はパッとしない動きが続く中、日経平均が続落。 当然のことながらドル円の値動きにも影響を与えています。 一度99円を割り込んでいますので、下方向への動きがどこまで続 […]


タグ: , , , ,





高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

Copyright(c) 2012 FX&バイナリーオプション取引の業者選びと攻略情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share